病気にならないためには健康管理が大切だと考え、生活の見直しを行った結果、体調不良は改善できました。

生活習慣病とはどんな病気か
生活習慣病とはどんな病気か

病気にならない健康管理が大切だと思ったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

病気にならないための健康管理が大切だと思っています。幼い頃から病気になることが多かった私は、病院に訪れることが多くありました。そこで親は私が健康になるように、スポーツの習い事をさせてくれたのです。その後学生時代は部活動に励み、病気になることはほとんど無くなったのです。しかし社会人になり、仕事が忙しくなって睡眠不足となったり、食べる量が減ったりなどしたことで、体調を崩すことがありました。そこで私は自身が幼い頃、病気になることが多かったこと、そして親が健康になるためにスポーツをさせてくれたことを思い出したのです。

そこで私は、再び病気にならない健康な体になりたいと考え、自身の生活を見直すことにしたのです。まずはここ数年、まともに運動をしていなかったので、運動を始めることにしました。いきなり激しい運動は負担になるので、まずはウォーキングから取り組みました。また仕事で疲れている時は早めに就寝すること、栄養のある食事にすることなど生活改善を実践した結果、以前まで感じていた体の不調は無くなり、健康になることができたのです。これからも今の状態を長く維持するために、健康管理をしっかりと行いたいと考えています。