生活の中に適度な運動を取り入れ、運動習慣をつけることによって、さまざまな病気を予防することができるのです。

生活習慣病とはどんな病気か
生活習慣病とはどんな病気か

運動と病気の予防について

このエントリーをはてなブックマークに追加

病気の予防のためには、適度な運動を生活の中に取り入れることが効果的です。病気というのは、生活習慣の劣悪から引き起こされる場合が多いです。いわゆる生活習慣病というやつですが、それは適度な運動を生活中に導入することによって、ある程度の防御をすることができるのです。

病気というのは、運動不足と密接な関係にあります。日常の運動量が不足していると、それが病気につながりやすいのです。たとえば生活習慣病の一つである肥満は、この運動不足が一因ですが、運動をすることによって内臓脂肪を減らすことはまた、肥満に派生するさまざまな病気から心身を守ることができるのです。運動をすることによって、内臓脂肪の減退だけでなく、血糖や脂質をたくさん消費することにも役立ち、こうした要素の消費によって、高血圧や糖尿病の改善にもつながるのです。

問題なのは、運動を取り入れたとしても、それが一過性のものであっては効果がないということです。運動というのは日常の中に取り入れることが良いのであって、つまり運動習慣というものをつけることが病気の予防のための第一歩なのです。いきなり激しい運動を自らに課してしまうと、三日坊主にもなりやすくなってしまうので、簡単なことでよいのです。エスカレーターでなく階段を使うなどのことでも、それは立派な運動習慣なのです。