高齢者が亡くなる原因として多い病気が肺炎です。予防接種をしておくと重症化するのを防ぐ事ができます。

生活習慣病とはどんな病気か
生活習慣病とはどんな病気か

予防接種で防ぐ事ができる病気

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近肺炎の予防接種のコマーシャルを良く見かけます。よくお年寄りが肺炎で亡くなったという話は聞きますが、実際日本人の死因の第3位は肺炎なのだそうです。若い人は体力があるから肺炎を起こしても回復しますが、高齢になって体力が落ちた時にかかると怖い病気なんですね。肺炎を予防するにはうがい手洗いをちゃんとしてウィルスが体の中に入らないように気をつけたり、体力をつける事が大切なのだそうですが、予防接種を受けると肺炎になっても重症にならないので命を失う事がなくなるのだそうです。病気を防ぐためには受けておいた方が安心できますね。

コマーシャルでは特に高齢の人に予防接種を呼びかけていますが、実際には2歳以上なら誰でも受ける事ができるそうです。特に免疫力が下がる病気にかかっている人や感染症になるリスクが高い人は受けておいた方が良いですね。特に年を取った人は体力がなくなっているので、肺炎になっても熱も出ず普通の風邪と間違って見過ごされやすいのです。熱は免疫機能がウィルスを排出するために体温を上げるのですが、免疫力が弱っていると熱も出にくくなるんですね。病気を見過ごす事がないように予防接種を受けておくと安心できます。