生活習慣病とは、日頃の生活習慣の積み重ねから起こる病気です。生活習慣を見直して病気を予防しましょう。

生活習慣病とはどんな病気か
生活習慣病とはどんな病気か

生活習慣から起こる病気

このエントリーをはてなブックマークに追加

成人に多い病気といえば、生活習慣病ですね。生活習慣病とは日頃の生活習慣が引き起こす病気のことで、糖尿病や脳卒中、心臓病、脂質異常症、肥満、高血圧などが含まれます。どの病気も生命に関わる重大なものばかりです。これらの病気を予防するためには、生活習慣を見直すことが必要不可欠です。食生活が乱れていては栄養バランスも偏ってしまいます。過度なストレスや睡眠不足も体に悪い影響を及ぼします。もちろん喫煙やアルコールの過剰摂取も体に負担を掛けます。心当たりがある方は、早めに改善しましょう。

長い間続けてきた生活習慣の改善は、簡単なことではないかもしれません。しかし生活習慣病を発病してからでは遅いので、少しずつでも取り組むようにしましょう。アルコールは全く飲んではいけないということではありませんが、毎日大量に飲む方の場合はすぐにでも改善した方がいいですね。肝臓への負担を軽減するためにも、適量の摂取を心掛けましょう。タバコに関しては体に良いことはないので、できることなら禁煙を実現させましょう。偏った食事メニューや過食は禁物です。野菜や魚を多めに摂り、腹八分目で抑えましょう。夜中に消化の悪い食事を摂ることも良くありません。