普段は病院嫌いでも、いざ病気になってみると医療はやはり頼りになるものです。専門家に相談しましょう。

生活習慣病とはどんな病気か
生活習慣病とはどんな病気か

病気になったとき頼りになる医療

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康なときには、みんな病院が嫌いだと思います。薬臭いし、何となく落ち込んだ雰囲気だったり、注射の痛いイメージを思い出したりしてしまいます。でも、いざ病気になると病院というものはとてもたよりになるものです。ちょっと風邪を引いたくらいだとなかなか病院に行く気にはなれませんが、高熱が出たりして体がたいへんなときには、早めに病院で医療を受けた方がしかるべき処置をしてもらえて楽になります。薬も、症状をしっかり話せば話すほどそれに応じたものを処方してもらえます。風邪のような場合には、かかりつけのホームドクターに相談するのが気軽で安心です。かかりつけならカルテも用意してあるので、病歴なども把握してもらえます。

もちろん、かかりつけのお医者さんから大きな病院へ紹介されることもあります。でも、いきなり大きな病院にかかるより、身近なお医者さんに相談し、紹介状を書いてもらった方が心強いでしょう。誰もみんな、ずっと健康でいたいとは思いますが、もし体調を崩したり、おかしいなと思ったら、気軽にかかれるお医者さんを決めておくのがいいと思います。信頼できるお医者さんなら、専門家としての処置はもちろんですが、「このお医者さんなら安心」という精神的な安心感も大事です。