ストレスによって心身の病気を発症してしまう前に、早期発見し早期対応していくことが大切です。

生活習慣病とはどんな病気か
生活習慣病とはどんな病気か

ストレスによって心身の病気になりやすい性格傾向

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレス社会と呼ばれる現代社会において、ストレスによる心身の病気の存在は広く知られています。その中で働く社会人としては、ストレスによってバランスを崩さないために、早期発見早期対応していく必要がありますが、事前にどのような性格傾向がストレスをためやすいのかについて知っておくことで、本人だけではなく周りも気づいて配慮し易いといえるでしょう。

まず几帳面で真面目で完璧主義というものがあげられます。このようなタイプの人はその他の人が気にしないような出来事に対しても気づいたり気にしてしまう結果、敏感にストレスを感じやすい傾向にあります。仕事の丁寧さに直結する良い部分でもありますが、このような傾向があると考えられる場合は、特に意識してオンオフの切り替えをする必要があるといえるでしょう。また過度に意欲的・精力的な性格の方もストレスをためやすいです。これは仕事の量を無意識的に増やすことに繋がります。生産性の向上という点からは必要な部分ではありますが、このようなタイプの人は周りにも多くの作業量を求める傾向にあるので環境全体のストレスを引き上げがちです。意識して休みを取ることを考える必要があるでしょう。

これだけではなく他にもストレスをためやすい性格傾向はいくつかあります。ストレスによって心身の病気を招く前に事前に気づいて対応することで、病気を避けることができるでしょう。