生活習慣病は、その多くが自覚症状のない病気であり、したがって放っておかれやすく、恐ろしい病気なのです。

生活習慣病とはどんな病気か
生活習慣病とはどんな病気か

生活習慣病という病気について

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活習慣病というのは、日々の生活習慣が原因で引き起こされる病気の総称です。生活習慣病は、別名サイレントキラーとも呼ばれ、自覚症状がないというところがもっとも恐ろしい部分です。高血圧や糖尿病には自覚症状がないものの、しかし重篤に発展しやすい病気とかかわりが深く、ある日突然倒れてそのまま目を覚まさない、という事態を引き起こしやすいので、恐ろしいのです。

生活習慣病が引き起こす病気というのは、日本人の死因ランキングでも常に上位にランクするような病気ばかりです。がん、心臓病、血管疾患のいわゆる三大死因は、多くこの生活習慣病が引き金となって発現することが多く、これらの死因は全体の60パーセントに及ぶのです。自覚症状がありませんから、対応が遅れることも多く、手が付けられない状態で発見されることが多いのも生活習慣病の恐ろしいところです。また自覚症状がないからと言って、これを放置しておくことも非常に危険なことです。重要なのは、生活習慣病が死に至る病気であるということを自覚するということです。自覚症状がないからこそ、こうした自覚が大切になってくるのです。自分では築かないところで病気が進行しているとなったら、気が気ではないはずです。いち早く対策を取りたいところです。