私の父は3年前に難病の病気にかかりました。現在は介護が必要になるレベルで毎日家族で見守りをしています。

生活習慣病とはどんな病気か
生活習慣病とはどんな病気か

父親の難しい病気について

このエントリーをはてなブックマークに追加

私の父は3年前に筋肉が段々と衰える病気にかかりました。原因は不明で病気を治す薬などもなく、進行を遅くする手立てしかないと病院の医師から言われました。正直私も家族もその話を聞いた時には信じられずに唖然としました。私の父は昔から自営業をしており、毎日重いものを持ったりトラックを運転したりし元気で力がある自慢の父親でした。つい最近まで元気だったのにその話を聞いても想像も付きませんでした。私も母も医療機関で勤務しているために、病名を聞いた時にはどんな病気で、予後はどうなるのかもしていたために、お互いに話はあえてせずにいました。

今では3年が経過しており、当時よりも父親は体の不自由さが目立ってきて、今では何をするにも軽介助が必要な状況となっています。私は自分の家族があるのですが、幸い購入した家が実家から近かったために、仕事帰りに少し手伝いに行ったりしています。主に日中は母も病院で勤務しているために、ホームヘルパーを契約して、介護をしてもらっています。夜は母が介護しているようで、病気の父親も辛いと思いますが、介護側の身体的精神的な負担も大きいと実感しています。なるべく母の負担を軽くしようと頑張っています。病気はなった本人もその家族も辛いと思いますが、いつどうなるかわかりませんので、常に助け合える環境を整える必要があると感じています。