病気の原因の1つは加齢になってきます。年をとってきますと免疫力が低下してくるのでそれが原因です。

生活習慣病とはどんな病気か
生活習慣病とはどんな病気か

病気の原因の1つは加齢

このエントリーをはてなブックマークに追加

病気の原因の1つは加齢になってきます。年をとってきますと徐々に免疫力が低下していきます。これは誰にも言える事です。免疫力は体に害をもたらす菌やウイルスを除去してくれますので、私たちにとっては欠かす事ができない存在です。免疫力があるからこそ私たちの体は維持できているのです。加齢によって、免疫力が低下してきますと、その分病気になりやすくなります。ですので、生活習慣病も若い人よりも中年以降の人の方が患者数が多いというわけです。若い時に不規則な生活をしたり、タバコを吸っていてもあまり病気にならないのは免疫力がまだ強いからです。しかし、不規則な生活やタバコを沢山吸っている生活を中年以降もやっていますと免疫力が弱くなった分、病気になりやすくなります。

このように病気の原因の1つは加齢による免疫力の低下になってきます。ですので、30歳以上になってきたら、規則正しい生活を心がけるようにします。また、なるべく病気のリスクを減らす事も必要になってきます。そうする事によって、免疫力が低下しても、ある程度、病気のリスクを抑える事ができるのです。免疫力というものを意識して生活していくようにします。それが健康には大事になってきます。