家族が病気になったらどうしようと悩む家族は、実は患者さん以上に苦しんでいるケースがあります。

生活習慣病とはどんな病気か
生活習慣病とはどんな病気か

病気の家族を支えるときには

このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで元気だったのに、ある日突然大事な家族が病気になってしまうとかなり焦ってしまいます。看病をしっかりとこなすことができるのか、このまま完治しなかったらどうしようなど本当に家族は患者さん以上に悩みを抱えることになります。それに看病疲れというものも確実に発生します。家族の中には仕事と看病と家事を両立させている人もいますので、その負担は本当に計り知れないものです。感情をしている家族が倒れてしまうのではないかと言われているくらい、重病患者の看護は大変です。看護疲れになる前に家族は専門のカウンセリングに抱えている感情を伝えてみると楽になります。

感情疲れになりやすい人は、極めて真面目な人で、途中で何かを投げ出すことができない人が多い傾向にあります。病気になっている家族がつらい思いをしているのに、自分がしんどいという言葉を出してはいけないと胸に秘めている人ほど感情疲れを起こしてしまうのです。患者さんの家族の気持ちがわかるカウンセリングの方に話をしてみると、今までの苦労がぽろぽろと出すことができます。それと同時に気持ちがすっきりしますし、話すことでリフレッシュすることができるのです。疲れる前にカウンセリングです。