実際に大きな病気を体験するとかなり精神的に追い詰められますが、このような時こそ穏やかな気持ちでいるのです。

生活習慣病とはどんな病気か
生活習慣病とはどんな病気か

病気になった時は穏やかな気分で過ごしたい

このエントリーをはてなブックマークに追加

入院と手術を伴う大きな病気をしてしまうと、人というものは本当に精神的に追い込まれてしまいます。仕事や家庭は一体どうしたらよいのか、家族に大きな迷惑をかけてしまうのではないか、治療費の工面はどのようにしたら良いのかなど自分の体調以外のことで余計な心配をしてしまうのです。家族やお金について心配するのは良いことかもしれないですが、このことが却って病状を悪化させてしまうことがあるのです。昔から病は気からという言葉があるように精神的に参ってしまうと体の調子が悪くなることが本当に多いのです。確かに闘病生活はすごくしんどいかもしれないですが、このような時こそ穏やかな気持ちでいることがベストなのです。

闘病期間ととらえずに神様が与えてくれた休暇だと思って過ごしてみると気持ちがかなり違ってきます。仕事をしなくてもいいですし、家事などもお目で見てくれるところもありますので、この期間中は好きなことをして過ごすのが一番良いです。見たかった映画を鑑賞してもいいですし、好きなだけ漫画の世界に浸ってみるのも良いことです。それに食事制限がなければ、好きなものを食べるのも心を穏やかにできます。病気の時こそ精神的な安らぎが必要です。