自分の健康を過信せずに、健康診断の結果をセルフチェックすることで、病気を予防することができます。

生活習慣病とはどんな病気か
生活習慣病とはどんな病気か

病気になる前にできる事。

このエントリーをはてなブックマークに追加

どこも痛くはないし、調子の悪い所もないから、自分は健康だと思い込んではいけません。毎年健康診断をきちんと受けることも必要ですし、ただ受けて満足するのではなく、結果をちゃんと確認して、去年より数値が悪くなっている項目はないかと、セルフチェックすることが大切です。精密検査の判定が出なければ安心して、あまりよく確認せずに結果を放置する人は多いかと思います。しかし、精密検査を受ける必要がなくても、悪くなっている項目があるかもしれません。もしあったら、これから注意することで、悪化することを防いだり、自分の健康を引き続き守ることになります。この時点で、病気になる前にきちんと対策をすることができるのです。

自覚症状が無くても、病気は静かに進行している場合もあります。特に婦人科系のがんは、気付いた時には遅かった、ということが若い年齢でもあり得ることです。そのため女性は、基本的な健康診断とさらに、自主的に子宮がんや乳がん検診を受けると安心です。婦人科の敷居はなかなか高く、特にまだ若い女性はなかなか行きづらい場所ではありますが、検診の無料クーポンを配布している自治体もありますし、そういった機会を利用すればかなり行きやすくなります。